第14回会合5/18    R4/2/18、ニュースレター、     R3保全/幹事会 R3/12/14
                           朝日連峰保全協議会  No2
 
  朝日連峰保全協議会~原始性の高い朝日連峰の自然が永続されるように

   トップページに戻る
 
 
 設立の趣旨
 

  朝日連峰を愛する人たちや朝日連峰に関わる人たち、朝日連峰に登る人たちの協働により、
 人為的な影響で荒廃した自然の復元に勤め、原始性の高い朝日連峰の自然が永続的に維持
 されるようその保全活動を推進する。かつ、秩序ある保全活動となるよう、広範な関係者が参
 加し夫々の立場で連携・分担するための情報交換と意志疎通を行う。 

                         ( 平成21年5月22日設立 )


   見出しへ


   ニュース、近況等


066

  見出しへ

                朝日連峰保全協議会

                            第14回会合開催

   R2・R3の2年間は、新型コロナウイルスの感染拡大という、嘗て経験のない
 不安情勢から、当保全協議会活動が全面休止を余儀なくされてきた。
  未だ、全国的なコロナ感染の様相は見られるものの、感染の仕組みや予防接
 種・その他の防御システムの解明が為されなど、不安・恐れの状況から解放さ
 れつつある現況にある。
  このようなことから、R4年度は、コロナ禍にあっても、出来る限りの感染の予
 防策を講じながら、当保全協議会活動を再開することになり、そのスタートとな
 る第14回会合を開催することになった。
  その主な内容は、下記のとおり。尚、記載内容は、一部をのぞき会合で提出
 された資料を転記(スキャナー)したものです。

  
   朝日連峰穂残協議会第14回会合  次第

   
  議題

     (1)、今後の事務局体制
     (2)、令和3年度の活動報告
     (3)、令和4年度の活動計画

      (4)、各団体取組(令和3年度報告・令和4年度計画)
      (5)、その他について

   ***議事録へ移行

     *会合当日の出席者*
 

  (1)、今後の事務局体制



  (2)、令和3年度の活動報告

 

   (3)、令和4年度の活動計画

           *承認事項  R4合同保全作業 期日 9月3日(土)~4日(日)
                         場所 中先峰 & 三方堺

            *** 全員の賛成で承認された。***

 
 

  (4)、各団体取組(令和3年度報告・令和4年度計画)

     ①、環境省の登山者数調査
 
     ②、各団体取組(令和3年度報告・令和4年度計画)
 
 
 
 

  (5)、その他について

   ①、登山道の管理~省略
   ②、月刊誌「山渓」 6月号に飯豊連峰・朝日連峰関係の記事あり。(地元人の原稿)
   ③、その他~省略

    ④、飯豊連峰・朝日連峰の保全技法(マニアル)の作成

  
 配布された会議資料からの変換記事のため、不鮮明な記事となり御免なさい

    
尚、スマホ又はタブレットの場合、画面を拡大すれば、ほぼ文字(図も)読めます。
   ただし、「各団体取組」(表)は、無理なようで

   ***議事録の追加(事務局~環境省)***
                第14 朝日連峰保全協議会会合 議事録

      日時:令和4518日(水)14001540(当初予定は1600まで)

        会場:西川町役場第二庁舎第34会議室

           (西川町交流センターあいべ1階大ホールを予定していたがコロナの影響を考慮し 会場変更)

        出席者:下記名簿参照 組織名・団体名出席者組織名・団体名出席者(前記のとおり) 36名

■概要

  議題1 今後の事務局体制

       事務局より今後の事務局体制を説明し、承諾が得られた。

  議題2 令和3年度活動報告

       事務局より朝日連峰保全協議会の令和3年度活動報告を行った。

  議題3 令和4年度活動計画

        事務局より朝日連峰保全協議会の令和4年度活動計画を説明し、承諾が得られた。

  議題4 各団体取組(令和3年度報告・令和4年度計画)

       各団体より令和3年度活動報告及び令和4年度活動計画を説明した。

  議題5  その他

       下記について情報提供を行った。

       ・出谷川コースの草刈り

       ・全国山の日大会

        ・七ツ滝沢の吊り橋の破損

       ・ヤマケイの雑誌への掲載

議事録

  開会

  事務局澤野

     定刻になりましたので朝日連峰保全協議会第14回会合を開会します。開会にあたりまして、

           朝日連峰保全協議会の渋谷代表よりご挨拶いただきます。

  代表渋谷氏

     忙しい中ではありますがご参集いただきありがとうございます。コロナの影響で令和23              

    年度と、この保全協議会は休止状態になりましたが、今年はコロナ対策を行いながら是非保 

    全作業を実施したいということで今回協議をお願いすることになります。朝日連峰は原始

    性に優れた山であるので全国から登山者が訪れる場所でありますが、その結果、登山者が入

    ることによって登山道が荒れ、また雨や雪による浸食が起こっている場所でもあり、それを

    山に登る我々自らの手で少しでも保全をし、修復していくのがこの協議会の趣旨でありま

    す。今回の協議を通して今後の活動をよろしくお願いしたいと思います。

  事務局澤野

    渋谷代表ありがとうございます。それでは幹事の皆様からも一言ずつお願いします。

  高橋氏

    今年は保全活動を実施したいと思いますので、よろしくお願いします。

  高取氏

    5月の連休から登山口に立って登山指導をしていますが、去年と比べて登山客が多くなって

    います。今後も登山客の増加は続くのではないかと思っています。明日今年初めて小朝日岳

    に登り、登山道の状況を確認してきます。よろしくお願いします。

  佐竹氏

    花山会長が出席できないので代理として出席しています。例年にない大雪で崖崩れ、倒木等、

    登山道が非常に荒れています。朝日連峰の登山道の維持管理ということで私たちも頑張っ

    ていきますのでよろしくお願いします。

  金田氏

    長井山岳会では祝瓶山の整備を行っているのですが、今年は雪が多くまだ入れない状況で

    す。雪が溶け次第整備等していきますのでよろしくお願いします。

  井上氏

    小国山岳会は登山愛好団体ではありますが、法人として活動するときはNPO法人飯豊朝日

    を愛する会として活動しています。そのため、私の所属は小国山岳会と飯豊朝日を愛する会

    となっていますのでよろしくお願いします。

  事務局澤野

    幹事の皆様ありがとうございます。議題1に入る前に、確認事項があります。本日の会合は

    後日、ホームページ等で公開させていただきます。また、議事録作成のため、発言時には最

    初に所属、氏名等を告げていただくようご協力お願いいたします。会合の内容を録音させて

    いただいておりますのでご理解いただきますようお願いします。では、本会合の議事進行に

    ついてですが、会則に「代表は会務を統括する」とありますので渋谷代表にお願いしたいと

    思います。

  代表渋谷氏

      私が座長になって進行させていただきますのでよろしくお願いします。

   【議題1 今後の事務局体制】

    代表渋谷氏

        議題1の今後の事務局体制について、事務局より原案の説明をお願いします。

    事務局澤野

      事務局の環境省羽黒自然保護官事務所の澤野と申します。よろしくお願いします。議題1

     入る前に配布している資料の確認をしたいと思います。

     <資料確認(配布資料は下記参照)>

      ・次第

      ・出席者名簿

       ・座席表

      ・資料1今後の事務局体制

      ・資料2令和3年度活動報告

     ・資料3令和4年度活動計画

    ・資料41各団体取組(環境省登山者数調査)

    ・資料42各団体取組(令和3年度報告・令和4年度計画)

    ・参考資料 朝日連峰保全協議会会則

     ・参考資料 飯豊連峰朝日連峰の保全技法(マニュアル)

     以上の資料がない方は挙手をお願いします。

     では、議題1今後の事務局体制について資料1に基づいて説明します。

  <資料1説明>

     従来、環境省羽黒自然保護官事務所の一者が事務局を担ってきましたが、もっといろいろな

     取組ができたらと以前より考えていました。先日西川山岳会さんにご相談させていただい

    たところ、今後は環境省羽黒自然保護官事務所と西川山岳会の二者で事務局を担っていく

     ことなりました。朝日連峰保全協議会ではいろいろな取組を行っているにもかかわらず、全

    国に普及啓発できていないというのが課題であると思います。そのため、新たに事務局を担

      う西川山岳会には、ホームページを活用した本協議会の取組に関する全国への情報発信を

     主に実施いただくことを想定しています。事務局からは以上になります。

  代表渋谷氏

      羽黒自然保護官事務所だけでは大変だと思うので西川山岳会でできる現場の調査やホーム

      ページでの情報発信など、事務局長はじめなんとかしたいということで、やれるところはご

    協力申し上げるということです。では、今事務局から報告があったことに対し、ご意見ご質

    問等ありましたらお願いします。特になければご了承いただけたということで皆さん拍手

     をお願いします。  <拍手>

  代表渋谷氏

     ありがとうございました。

  【議題2 令和3年度活動報告

   代表渋谷氏

      議題2令和3年度活動報告ということで、事務局からお願いします。

  事務局澤野

    右上に資料2と書かれた資料をご覧ください。

   <資料2説明>

     令和3年度活動報告に関しては私からは以上になります。

  代表渋谷氏

     ありがとうございました。令和3年度は現地の作業が実施できず、色々このように工夫し

     て実施したということになります。ただいまの資料2につきまして、皆様よりご意見ご質

     問等ござましたらよろしくお願いします。ないようでしたら拍手でご了承をお願いします。

    <拍手>

  代表渋谷氏

     ありがとうございます。

【議題3 令和4年度活動計画】

  代表渋谷氏

     それでは、議題3令和4年度活動計画ということで事務局よりご説明お願いします。

  事務局澤野

     資料3をご覧ください。

  <資料3説明>

  事務局澤野

    令和4年度活動計画に関して私からは以上になります。

  代表渋谷

    ありがとうございます。

    補足になりますが、笹は、他の場所を勝手に刈ることはできませんので、三面コースの登山

    道の刈払いをした際に出た笹を保存して使用することを考えています。9月まで腐らずに形

     を残しているのかが心配ですが、そのように考えています。それではただいまの説明に対し

     ご意見ご質問はありませんか。二カ所あるので二カ所に分かれなくてはならないですね。何

     名くらいの募集になるのでしょうか。

  事務局澤野

    人数については詳細を詰めていません。一泊二日の作業になるので小屋に宿泊できる人数

      を考慮した上で参加人数を決定しなければならないと考えています。近くの避難小屋は以

     東岳避難小屋、狐穴小屋、竜門小屋になり、参加者にはその3つの小屋に分かれて宿泊いた

       だき、2日目に現地に来ていただくという流れを想定しています。まずは全員で、中先峰に

      て作業を行い、午後の許される時間で三方境にて作業を行うことを想定しています。そこの

       ところも井上さんや西川山岳会さんと今後詰め、どのようにすればより効率的かを考えて

       いきたいと思っています。

  代表渋谷氏

      ありがとうございます。なかなか現場を見ていないとわからないと思いますが、中先峰は水

      のはけ口を主として作業をし、三方境は掘られた場所に笹を埋めて土砂の流出を防ぐとい

       うような作業になりますが、皆様ご意見ご質問等、何かありませんでしょうか。ないようで

      したらご了承を得たものとして私たちも計画いたしますので拍手をお願いいたします。

      <拍手>

  代表渋谷氏

      どうもありがとうございました。

【議題4 各団体取組(令和3年度活動報告・令和4年度活動計画)】

  代表渋谷氏

      次に各団体の取組ということで令和3年度報告、令和4年度計画について表の順序に報告

       をお願いします。報告する方は代表してそれぞれのメンバーをご紹介していただきたいと

       思います。

  事務局風間

        まず事務局より登山者カウンターの調査結果をご報告いたします。右上に資料41と書い

       てある資料をご覧ください。

     <資料41説明>

      過去5年を表にとりまとめました。詳細な結果に関しては後ほどご確認いただければと思

      います。是非様々な場面にて調査結果をご活用ください。古寺鉱泉に関しては、カウンター

       の不調によりデータがとれていない状況です。今年度新しいカウンターを用意しましたの

      でそちらで対応します。令和4年度に関しては現在設置をしているところです。詳細なデ

        ータが欲しいという方は、別途当初にご相談ください。後日データをお送りします。調査結

         果の報告は以上になります。

  事務局澤野

        令和3年度の報告をさせていただきましたが、ここ数年データがうまくとれていない古寺

       鉱泉の登山者カウンターを見たところ、機器が老朽化していましたので先日新しい登山者

      カウンターを手配しました。今年度以降はデータが取れてくるようになるかと思いますの

     でご安心ください。

   また、渋谷代表より自己紹介を兼ねてくださいというお話がありましたので、本日環境省よ

  5名出席していますので簡単に一人ずつ自己紹介させていただきます。

   <環境省出席者自己紹介>

  事務局澤野

   環境省からは以上になります。

  代表渋谷氏

   ありがとうございました。令和2年度令和3年度とだいぶ登山者数が少ないところもあり

   ますが、登山者は入っていることがわかります。これを後でよく見ておいてください。それ

   では、各団体の令和3年度の報告と令和4年度の計画をお願いいたします。資料42の順

   でお願いします。

 <資料42各団体ごとに説明>

  山形大学菊池教授

   昨年度飯豊連峰において、コロナ禍は登山者に何か影響を与えているのかということを卒

   業論文として調査しました。計464件のアンケートの回答をいただき、その一部に関して

   は2月の飯豊山フォーラムで説明しました。今後できるだけ早い時期に、詳しい解析を含

   めて広く報告をしていきたいと思っております。

   飯豊山フォーラムの数日後にアドバイザーを務めていました川端さんが急逝されました。

   未だに気持ちの整理がつかない状況にあります。マニュアルを始め、登山道保全に多大な貢

   献をしていただきました。その熱い気持ちを引き継いで私も今後アドバイザーとして皆様

   と登山道保全について考え、実践をしていきたいと思っています。

   北海道の大雪山の裾合平において、木道を直すために上川でクラウドファウンディングを

    開始しました。ふるさと納税で2ヶ月の間に200万円を集め、その資金を使って長く壊れ

   ている木道を補修していこうという取組みがスタートしています。朝日連峰においても関

   係することですので上川市のホームページを見ると載っていますので、ご紹介します。

 事務局渋谷氏

   ありがとうございます。山形県、市町村、山岳会で同じことを書いている場合がありますが

   委託関係であると思います。では、ただいまのご報告の中でご意見ご質問等ありましたらよ

   ろしくお願いします。これに関しましては協議事項ではありませんので、次に移ります。

 【議題5 その他】

  代表渋谷氏

   それでは議題5その他について、皆さんより保全に関係することでご意見、何か気がつい

   たこと等お話がありましたらお願いします。ここで皆さんにお知らせしたいこと等ありま

   したらそちらもよろしくお願いします。

 高橋氏

   西川町商工観光課さんの報告に、出谷川コースの草刈りをしているという報告があります

   が、実施の情報ですと天狗の小屋から出谷側の下までは草がりがされていますがその先の

   オツボ峰の分岐までの登山道は草刈りされていなくて荒れ放題になっていて、ホームペー

   ジに藪漕ぎの状態であると掲載されています。ここの道を開く予定はあるのでしょうか。わ

   かる方情報提供お願いします。昔は朝日屋さんから鶴岡側で草刈りをしていたという話を

   聞いたのですが、今はしていないのでその辺お聞きしたいです。

 代表渋谷氏

   ただいまのお話について、環境省から何かありますでしょうか。

 事務局澤野

   正直羽黒自然保護官事務所の方で公園法上把握していない状況です。今後この道をどうし

   ていくか等考えていないというのが正直なところです。そのくらいしかお話しできないの

   ですが、国有林の関係で何か把握されていることはございますでしょうか。

 代表渋谷氏

    私の知っている限りのことで申し上げますが、オツボから出谷川、出谷川から天狗小屋、こ

    のコースは実は朝日村で管理していたのですが、鶴岡市になってから引き継ぎがうまくい

    っていなかったようで現在はだいぶ荒れた状態になっています。国立公園の指定の時にい

   ろいろなコースを地図に表していたのですが、山形県が管理することになった際に森林管

    理署から土地を借りて整備するべきところを、主なところだけを借り受けて管理してきた

   状態が今まで続いてきています。西川の場合は町の予算で刈払いをしている状況です。朝日

   村から鶴岡市に合併したときに申し送りがなかったのか、実施されていないのでそこをど

   うか検討いただければと思います。鶴岡市と山岳会で協議を行い、県の方で整備していくの

   が一番いいと思いますがみなさんからいい知恵を出していただければと思います。

  事務局澤野

   羽黒自然保護官事務所で把握していないという話を先ほどしましたが、把握しておりまし

   た。今公園計画の確認をしたのですが、公園計画の中でこの路線については、あくまで計画

   ですが、歩道計画が落ちています。細かい資料は戻らないとわかりませんが、歩道計画はあ

   るのですがこの歩道を執行管理している人はいない状況であると考えられます。公園法上、

   適切に施設を執行するにはこの歩道の執行をどなたかが申請して処理していただければ正

   式に公園事業施設として運用されるという状況になっています。以上です。

   山形県みどり自然課森川氏

   今会長の方からお話がありましたルートは、地図上でも破線になっている、正規のルートに

   はなっていない登山道です。県として事業計画の認定をして施工していくかというのは、こ

   の場でははっきりとは申し上げられないところですが、ニーズがあるということと、国立公

   園という場所で県が率先してやっていくかというところは協議が必要だと考えています。

   歩いたことはないのですが、結構荒れているのでしょうか。

  高橋氏

   結構大変になっています。

 山形県みどり自然課森川氏

   個人的には山を歩く人間なので歩きたいなとは思っていますが、県の立場ということを考

   えるとこの場でははっきりと言えないのでこれに関しては持ち帰って検討させていただき

   たいと思います。

   併せて県の方から今年言わなくてはならない情報提供がありましたのでお話しさせていた

   だきます。今年810日・11日と全国山の日大会が山形県で開催されます。6回目という

こ  とで開催するのですが、主に記念登山は蔵王です。山に関わる関係者の皆様のホームペー

   ジ等で色々とPRをしていただければと思います。皆様でもらえれば山形県としても記念と

   なる年になるのではないかと思いますのでご協力をお願いいたします。

   また、泡滝口から大鳥池まで向かう登山道の七ツ滝沢の吊り橋が破損しています。登山シー

   ズンになった際に、泡滝口から大鳥池までの道が通行できない状況になってしまうという

   ことです。現地の方を調査し、対応方法や直るまでの期間がわかり次第、ホームページ等で

   お知らせしていくことを考えています。以上ご承知おきください。

  代表渋谷氏

   それぞれの分野においてご検討をお願いしたいと思います。

  井上氏

   山と渓谷社6月号が届き、この号では飯豊連峰と朝日連峰が特集されています。西川山岳

   会の佐藤辰彦さんも何本か書かれていますし、写真も提供されています。これまでの経験よ

   り、6月号に特集されるとその年はその場所の登山者数が多いという傾向があります。その

   ため、今年は登山者が多くなることが予想されますので皆様よろしくお願いします。

  代表渋谷氏

   他にないようですので、進行を事務局にお返しします。

 事務局澤野

   少し時間が早いですが、朝日連峰保全協議会会合の全ての議題が終了しましたので、これに

   て閉会とさせていただきます。本日はありがとうございました。

    以上




065

  見出しへ

                朝日連峰保全協議会

                             令和3年幹事会等のニュースレター
 
 



 064

  見出しへ

                朝日連峰保全協議会

                令和3年度幹事会の開催報告

   令和3年度の幹事会は、年末12月14日、西川町役場第2庁舎会議室で開催され、新型コロナウ
  イルス感染拡大で、主たる保全活動が出来なかった2年間のブランク後の次年度(R4)活動計画
  案などを協議しました。尚、その間(コロナ禍)の関連する現地調査活動などの報告も行われた。

       1、期  日  令和3年12月14日 13:00~15;00
      2、会  場  西川町役場第2庁舎 会議し室
      3,出席者   
 

             3、協  議
       (1)、令和3年度の活動報告
          ①、植生復田作業箇所の状況(別紙1~下記)
          ②、登山者カウンター調査結果(別紙2~下記)
          ③、コロナ禍に於ける登山に関するアンケート結果(省略)

       (2)、令和4年度の活動計画(案など)
          ①、技術部会計画
              技術部会及び事務局で計画する
          ②、第14回会合(関係団体・機関合同会議)
            * 期 日  5月18日(水)
            * 会 場  西川町 交流センター”あいべ”

          ③、合同保全作業の計画
            * 期 日    9月3日(土)~4日(日)
            * 場 所  中先峰

             ③、保全技術講習会
                            技術部会及び」 事務局に企画一任
               令和3年度に保全マニュアル完成(活用)
                    ④、その他(省略)


 別紙1
 植生復元作業箇所の状況(写真は一部のみ)

  * 三方堺~植生復元の半面、一部にガリー発生
  * 中先峰~雨水による侵食拡大は見られない。ヤシ製の土嚢が劣化
 
 
 別紙2
 登山者カウンター調査結果